「え!?学校の先生を辞めたの?もったいない!」

「いったい何をはじめるの!?」

Hidamari Stationをたち上げる宣言をした時

何度も聞かれました。

この質問。

こちらで、動画でもお話させていただいます。

ひとことでお伝えすると

「子どもたちが

心から笑って生きていける明日をつくっていきたい!」

塾の教室長としての子どもたちとの関わり

中学校の不登校生徒のための教室の支援

保健室の先生としての積み重ね

この経験で強く感じたこと

大人が一人ひとり、自分らしく心から健康に毎日を重ねていくこと

これが

子どもたちの未来に大きく関わっているということ

***

みなさんもこんな経験はありませんか?

「笑顔キャンペーン中」というバッジをつけている

不機嫌な店員さん・・・

え?どこが笑顔?と突っ込みたくなるし、そもそも笑顔ってキャンペーンで作るものなの?って疑問を感じてしまいます。

「夢を持とう!」「目標を持つことは大切!」と教える

夢や目標のない人・・・

自分で実行していない人の言葉ほど、響かないものはないですよね。

大人を見る子どもの瞳も同じ。

子どもはいつも

大人の背中を、表情を、行動を見ています。

一人ひとりが心から健康な毎日が、

子どもたちの元気への近道です。

「あなたが今日も自分らしく生きていること」

それが

まわりにいる大切な人たち

いつもは一緒にいないけれど関わっている人たち

これから出会っていく人たち

たくさんの人たちの未来に繋がっています。

勇気の1歩をまずは自分で証明するため

Hidamari Stationをスタートさせました。

Hidamari Stationは

みなさんを次の場所へ繋いでいける 

あたたかな陽だまりのある駅でありたい

主役はあなたです。

駅が駅であり続けるために

あなたが必要です。

昨日まで出会っていなかった「あなた」を

大切にしていきたいです。

2019年4月1日