OLYMPUS DIGITAL CAMERA

兵庫県西宮市にある
SOCIALSQUARE西宮様で
「新しい1歩を踏み出すためのワクワク粘土ワーク」をさせていただきました。

新型コロナウィルス感染症の影響で
いつもの様々な欲求が満たされずに
気持ちを押し込めてしまうことの多い日常で
大切なこと。

気持ちに蓋をしないで
自分の気持ちと向き合うことです。

1ずつ丁寧に向き合っていると
自然とストレス耐性ができて
しなやかに新しいストレスに向き合う力が湧き出てきます。

けれど、蓋をすると
自分では知らないうちに
いろんな気持ちがたまってしまい
他のストレスにも過剰に反応してしまうんです。

では、どうやって向き合うのか?

Hidamari Stationでは、難しいことはしません。
楽しんで自分を解放していくプロセスをたくさん提供しています。

今回は粘土を使ってのワーク♪

なんと、オンラインでの参加者と現場での参加者
計15名のご参加をいただきました♪

オンラインとオフラインの同時進行には
ドキドキしましたが
たくさんの心の解放から生み出された作品で
笑顔溢れる時間となりました♪

感想もたくさんいただきましたので
1部分を紹介させていただきます♪

【前半の講義で、初めて知ったことや印象に残ったことはありますか?】

・「気持ちがモヤモヤしている時は絵や文章で表現すれば良い」という考えに共感した。

・今回のストレスコントロール は、深層心理に探りを入れるてきな感じだったのかなと思った。

・wantの発掘の仕方(キャラクターに学ぶ方式)がおもしろかった

・ストレスを解消するためにはまず自分を知らなければならないこと

・フレンドリーで良かったと思います

・宿題をやぶる話があって同じ事をした事があって昔を思い出しました

【後半のワークで、新しい発見や面白いと感じたアイデアはありましたか?】

・粘土人形を作ったのが楽しかった

・粘土を使ったワークでみんな形を作れていたことに驚いた

・自分の本音が見えておもしろかった

・架空のものを粘土で作って実体化してみるというのはクリエイティブで楽しかったです

・キャラが何か学べて参考になりました

・人それぞれ面白いアイデアがあると知りました

・粘土はさわってると落ち着く

【今後、ストレスコントロール を通して解決したいことは何ですか?】

・父との揉め事/喧嘩腰なところ

・ストレスの発散方法

・自分のwantを解決する

・働き始めてからのストレスを軽減する方法を学びたいと思った

・ストレスの原因を考えてためないようにはしたい

【その他、プログラムを受けて考えたこと・気づいたこと・感じたことは何ですか?】

・チャンスを逃したくない

・保健室の先生は、子どもを相手にしているからか、ハッキリ物が言えて堂々としていてすごいなと思いました

・本能的な欲求って大切

・気持ちを表現するのが大事なこと

・ストレスの発散に粘土を使う発想がなかったです。物を作る時間も好きですし、触れて落ち着く物に触れるとストレスは和らぐ気がするので実際にやってみたいと思いました。また、色付きの粘土を使う点ではカラーセラピーにも通じている部分があるなと思いました

・ネガティブな部分を掘り下げていくのではなく、それをポジティブな考えに変えていく点がよかった

たくさんのご感想を励みにします!!!
ありがとうございました!

出前講座のお問い合わせやご依頼はこちらから