不登校,ええがぁLABO,岡山県,岡山県北,フリースクール,出前保健室,ええがぁらぼ,ええがぁラボ

悩んでいませんか?不登校
不安になっていませんか?進路選択

ええがぁLABOは「子どもが選ぶ未来」に焦点を合わせて、お母さん・お父さん・地域の人たちが共に
わくわく育てていく、地域活性型のオルタナティブスクールです。

(オルタナティブスクールとは、登校復帰だけををゴールにした一時的なフリースクールとは異なり、レギュラースクールと併用して通学したり、第二の選択肢のスクールとして将来の子どもの自主性を尊重し、社会的自立に焦点を当てた新しいフリースクールのスタイルです。)

学校に行きたくない」は今後に関わるお子さまの大切な意思表示です

初めまして。
ええがぁLABOのメソッド監修をしております公認心理師の高橋です。
私は保健室の先生をのべ10年間経験してきました。
「教室がつらい。」そんな声が、一生懸命なサインが
かき消されたことで深く傷ついて、自分を否定してしまう子どもたちをたくさんみてきました。

お子さまの大切なサインをまずは受け取っていただけませんか?



2017年に教育機会確保法が施行され、日本の不登校支援のあり方が大きく変わりました。
けれど、学校に行けない子どもたちの居場所はまだまだ足りていません。

学校に行かない、行けない、不登校の子どもたちに
「夢と出会う」という新しい選択肢をつくりたい!

ええがぁLABOのゴールは「学校に戻す」ということではなく
その先のずっと続いていく人生の進路を「自分らしく創り出す力を育む」ということです


その選択の結果が「学校に戻りたい」なのであればそれを応援しますし
単位制高校や留学、起業という選択肢なのであれば
私たちは1人ひとりの選択する先へ繋ぐサポートを全力でさせていただきます。

「不登校」は不幸でもないし、不適応でもないんです。
「不」を作り出しているのは、その子にあった他の選択肢が見つからなかったということです。

子どもを心配して、お母さんやお父さんまで未来を前向きに見れなくなってしまっては
誰にとってもいいことはありません。
お母さんも、お父さんも、お子さまも、一人ひとりのかけがえのない大切な人間です


それぞれを活かしあって、明日にワクワクする毎日をスタートさせてほしい!
「大人になるのが楽しみ!」と思える子どもたちを増やしたい!
そんな思いからええがぁLABOは生まれました。

毎日でも行きたい!挑戦が楽しい!」そんな声が生まれています

ええがぁLABOに通って3ヶ月で「自分が大切だ」と思えるように

他にはない4つの特徴があります

4000人以上にメンタルヘルスを提供した公認心理師が監修

1日の過ごし方

ただ自由に過ごすのではなく、1人ひとりの「やってみたい」を引き出し、それを実現できるように寄り添います。

保護者さまからの感動の声は、毎週届いています

✨

保護者さまより、ある日の感想

Kが自分から知らないとこに飛び込もうとするなんて、今までなかったのでびっくりしています。
どんどん心の壁が崩れていくってことを実感させてもらってます。

✨

保護者さまより、ある日の感想

自分で決めたプロジェクトのことは、今度打ち合わせに行く!とにっこり笑顔でした。

自分をだせる、表現できる、主張できる。当たり前のことができてきていること、ほんとに嬉しいです。

Sを見ていて私までワクワクしてきました。

LABO通学までの流れ

詳細はこちら

よくあるご質問

通わせたいのですが、本人が行けるかどうかわかりません

まずは保護者の方の不安や疑問をオンラインの個別無料相談でお聞きしています。
その後に、見学に来ていただき、まずは2時間の体験チケットから様子を見ていただくことをお勧めします。
オンラインでの参加という通学スタイルもありますので、安心してご相談ください。

勉強はしますか?学力が心配です。

学年をさかのぼって復習したり、得意な教科は学年を飛び越えてゲーム感覚で学習できるICT教材を使うので
「恥ずかしい」を感じずに「できた!」にフォーカスでき
勉強が楽しいという気持ちを感じやすい工夫があります。

ですが、私たちは、お子さまの本当の社会的自律のために、まずはお子さまの「勉強がしたい」という気持ちを引き出すことを大切にしています。

これまでの受験スタイルや、これまでの就職スタイルとは全く違う未来がやってきます。すでに大学入試の在り方も変化してきています。
進路選択が複数あることや、最新の情報などを発信し、保護者様と一緒にお子様を応援していきたいと思っています。

課題解決ゼミって何ですか?

これからは、今までの作業形態の仕事がAIに任せられる時代です。これからの時代に自分らしく生きていくためには「0から1を創り出すクリエイティブな能力」「課題解決ができる能力」「コミュニケーション能力」の3つが必要です。
地域の課題や、お困りごとをゲーム感覚で解決していくという過程を課題解決ゼミで体感し、3つの力を育成していきます。