最新のお知らせはこちら

岡山県真庭市から新しいスタイルのフリースクール「ええがぁLABO」

不登校,ええがぁLABO,岡山県,岡山県北,フリースクール,出前保健室,ええがぁらぼ,ええがぁラボ

悩んでいませんか?不登校
不安になっていませんか?進路選択

ええがぁLABOは「子どもが選ぶ未来」に焦点を合わせて、お母さん・お父さん・地域の人たちが共に
わくわく育てていく、地域活性型のオルタナティブスクールです。

「不登校」は不幸でもないし、不適応でもないんです

学校に行かない、行けない、不登校の子どもたちに
「夢と出会う」という新しい選択肢をつくりたい!

ええがぁLABOのゴールは「学校に戻す」ということではなく
その先のずっと続いていく人生の進路を「自分らしく創り出す力を育む」ということです。
その選択の結果が「学校に戻りたい」なのであればそれを応援しますし
単位制高校や留学、起業という選択肢なのであれば
私たちは1人ひとりの選択する先へ繋ぐサポートを全力でさせていただきます。

「不登校」は不幸でもないし、不適応でもないんです。
「不」を作り出しているのは、その子にあった他の選択肢が見つからなかったということです。

子どもを心配して、お母さんやお父さんまで未来を前向きに見れなくなってしまっては
誰にとってもいいことはありません。
お母さんも、お父さんも、お子さまも、一人ひとりのかけがえのない大切な人間です。

それぞれを活かしあって、明日にワクワクする毎日をスタートさせてほしい!
「大人になるのが楽しみ!」と思える子どもたちを増やしたい!
そんな思いからええがぁLABOは生まれました。

心の健康教育を日常に!
学年の枠を超えた個別最適化学習でワクワク学ぶ!

どんなに知識やスキルを身に付けても、心の健康が保てなくなってしまっては、せっかくの積み重ねも崩れてしまいます。
ええがぁLABOでは、心理で唯一の国家資格:公認心理師が監修したメソッドに基づき、一人ひとりの心の状態を大切にした関わり方を行い、イエナプラン教育をベースにしたプロジェクト型活動を行なっていきます。


スタッフはお子さまに「何かをしてあげる」という姿勢ではなく、お子さま1人ひとりが持っているありのままの良さを高めていくために、大切に引き出して、未来に繋げていくという関わり方をしています。

また、勉強が苦手なお子さまや、特定の教科だけ得意なお子さまの学習意欲を引き出すために、学年の枠がない、個人の理解力に寄り添って内容を変えていくICT教材を活用しています。

1日の流れ

ええがぁLABOでは
自分の時間割は自分で決めるということと、
自分からプロジェクトを企画していくプロジェクト型学習を活動の軸にしています。

「学習の時間」と「ワクワク探求の時間」を自分で組み合わせて時間割りをつくります。

②全体では、地域の課題解決に挑戦するゼミの時間を設けています。

コミュニケーションの時間には「ストレスマネジメント」や「コミュニケーショントレーニング」などをゲーム感覚で行い生涯にわたって使える「自分らしく選択する力」を育成します。

はにわの森などと連携した自然活動の日や、地域の人をゲストに迎えてワークショップをしていただく日もあります。

途中参加や、途中下校、オンライン参加など、お子様のペースに合わせた参加の仕方を大切にしています。

よくあるご質問

通わせたいのですが、本人が行けるかどうかわかりません

まずは保護者の方の不安や疑問をオンラインの個別無料相談でお聞きしています。
その後に、見学に来ていただき、まずは2時間の体験チケットから様子を見ていただくことをお勧めします。
オンラインでの参加という通学スタイルもありますので、安心してご相談ください。

勉強はしますか?学力が心配です。

学年をさかのぼって復習したり、得意な教科は学年を飛び越えてゲーム感覚で学習できるICT教材を使うので
「恥ずかしい」を感じずに「できた!」にフォーカスでき
勉強が楽しいという気持ちを感じやすい工夫があります。

ですが、私たちは、お子さまの本当の社会的自律のために、まずはお子さまの「勉強がしたい」という気持ちを引き出すことを大切にしています。

これまでの受験スタイルや、これまでの就職スタイルとは全く違う未来がやってきます。すでに大学入試の在り方も変化してきています。
進路選択が複数あることや、最新の情報などを発信し、保護者様と一緒にお子様を応援していきたいと思っています。

課題解決ゼミって何ですか?

これからは、今までの作業形態の仕事がAIに任せられる時代です。これからの時代に自分らしく生きていくためには「0から1を創り出すクリエイティブな能力」「課題解決ができる能力」「コミュニケーション能力」の3つが必要です。
地域の課題や、お困りごとをゲーム感覚で解決していくという過程を課題解決ゼミで体感し、3つの力を育成していきます。

LABOの詳細について

「教育機会確保法」をご存知ですか?

不登校のために学校で勉強する機会を失ってしまった児童・生徒に対して、学校への登校を強制せず、それぞれにあった学習環境を保障するための法律です。

教育機会確保法の施行にともない、日本中に「学校以外の場で、児童と生徒が学ぶことの重要性」についての取り組みが広まっています。

ええがぁLABOは、不登校からの学校復帰だけを目的にしているフリースクールとは異なり「子ども自身がより良く生きようとする力を大人が引き出し、自分を活かす人生を創造していく力」を育むことを目的にしています。

「子ども自身が感じていること」を大切にし、ありのままの強みを活かすことを重ねていくプロジェクト型学習のスタイルを軸にしているのが特徴です。スタッフは先生ではなく〇〇さんという呼び方をし、宿題もありません。

元教員や公認心理師という専門家のスタッフと、地域の人たち、オンラインで出前授業をしてくれる日本中の専門家、そして教員を目指す大学生などが「子どもたちの強みを活かす」ための関わり方をしています。